話題・その他

トヨタ7位、日本勢トップ 世界の企業ブランド価値

 米コンサルティング会社インターブランドは17日、世界中で事業展開する企業の2019年のブランド価値ランキングトップ100を発表し、日本企業ではトヨタ自動車が前年と同じ7位でトップだった。ランキングには日本勢が7社入った。1位は7年連続で米アップルだった。

 トヨタは次世代技術の開発が加速し「100年に一度」とされる変革期にある自動車業界での積極的な取り組みが評価され、業界首位だった。

 日本勢ではホンダが21位(前年20位)で続き、欧米での販売不振など苦戦が続く日産自動車は前年の40位から52位に順位を下げた。ソニーが56位(同59位)、キヤノンが61位(同55位)、パナソニックが81位(同76位)、任天堂が89位(同99位)だった。

 全体の2位は米グーグル、3位は米アマゾン・コムで、いずれも前年と同じ。韓国企業は3社が入りサムスン電子が最も高く前年と同じ6位だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus