関電金品受領問題

電事連会長に中部電の勝野社長、関電社長の岩根氏辞任を受け

 電気事業連合会(電事連)は18日、現在空席となっている会長に、中部電力の勝野哲社長を選出し、同日就任したと発表した。関西電力の岩根茂樹社長が、金品受領問題を受け、9日付で電事連会長を辞任したため、急(きゅう)遽(きょ)、今年6月まで会長だった勝野氏が再登板することになった。

 電事連は18日、会員各社の社長が集まる総合政策委員会を東京都内で開き、満場一致で新会長に勝野氏を選んだ。岩根氏は同委員会には出席しなかった。

 電力業界の代表である電事連会長だが、岩根氏がわずか4カ月で、関電の問題の責任を取って辞任するという異例の事態となっている。このため、勝野氏には、電力業界の信頼回復に向けた取り組みが期待されている。

 勝野氏は18日午後、都内で会見する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus