IT

FBトップが下院で証言 米認可までリブラ発行せず

 【ワシントン=塩原永久】米交流サイト大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日、米下院金融委員会で証言した。暗号資産(仮想通貨)の「リブラ」について、「米当局から認可を得られるまで全世界で発行に関与しないことを明言したい」と述べ、2020年前半を目指すとした発行計画の遅延を容認する方針を示した。

 ザッカーバーグ氏は同委員会で、リブラの事業化をめぐり「対処が必要となる重要なリスクがある」と認め、金融システムの安定やテロ対策などの懸念に対して十分な対策を講じた上で発行する意向を表明した。

 一方で「中国が数カ月内に同様の事業に乗り出すべく迅速に動いている」と述べ、米政府に国際的な競争に乗り遅れないよう対応すべきだと迫った。

 ムニューシン米財務長官が22日の下院の公聴会で、フェイスブックが目指す20年前半のリブラ発行は「時期尚早だ」と述べ、早期の事業化に反対する立場を強調していた。

 ムニューシン氏は、リブラにはマネーロンダリング(資金洗浄)など不正流用の防止策が求められると指摘。発行の条件として、いくつかの「根本的な課題」を解決する必要があると述べた。規制当局として時期尚早との考えをフェイスブック側にも直接伝えた。

 ザッカーバーグ氏は22日に公表した証言書面で「管轄が異なる30以上の規制当局者と会談した」と明らかにし、各国当局と協力する考えを示していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus