IT

ソフトバンク、グーグルスマホ「ピクセル4」発売 AI強化でカメラ性能も向上

 ソフトバンクは24日、人工知能(AI)を強化した米グーグルの新型スマートフォン「Pixel(ピクセル)4」シリーズの2機種の発売を開始した。カメラや録音アプリの性能が大幅に向上した。ソフトバンクは都内で発売記念イベントを開き、CMタレントらがPRした。

 同シリーズは画面サイズが5.7インチの「ピクセル4」と6.3インチの「ピクセル4XL」の2機種。カメラはAIが自動で補正し、夜景や星空なども撮影できる。録音アプリでは録音と同時に文字で書き起こす機能もある。来春ごろから、スマホに触れずに、手ぶりで音楽や動画を再生したり早送りできたりする機能が使用できるようになる。

 ソフトバンクの榛葉淳副社長は「AIが画像処理をして、プロカメラマンのような体験ができる」と強調。俳優の岡田准一さんは「すごい機能がたくさんで、スマホの新しい時代の幕開けになる」とアピールした。

 価格は「4」が8万7840円からで、「4XL」が11万4240円から。携帯大手3社のうち、同シリーズを扱うのはソフトバンクのみ。このほか、グーグルの通販サイトで、通信会社を自由に選べるSIMフリー版を購入できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus