サービス

タクシー事前確定運賃スタート ジャパンタクシーなど導入

 乗車前に事前に把握できる新しいタクシーの運賃制度「事前確定運賃」が28日から始まった。ジャパンタクシーなど数社のタクシー配車アプリで目的地を入力するとアプリに運賃が表示される。タクシー運賃は乗車距離に比例して増えるのが定着しているが、訪日客ら土地勘のない人も安心して乗車できるようになることなどから、タクシー業界が事前確定運賃を要望していた。複数の交通手段を一括して利用・決済する「MaaS(マース)」の普及にもつながりそうだ。

 事前確定運賃は、ジャパンタクシーでは東京23区と武蔵野、三鷹両市、北海道の札幌、千歳の両市で開始した。アプリに乗車と降車場所を入力して経路を選ぶと、時間帯や曜日などに基づいて推定した事前確定運賃が表示される。

 国交省によると、札幌、東京、名古屋など27地域でタクシー事業者約200社、2万台が事前確定運賃に対応予定だが、事業者やタクシー配車アプリごとに開始時期は異なり、今後、対応するアプリは増える見通しだ。

 事前確定運賃は、2017年8月に国土交通省やタクシー各社が実証実験を実施。利用者からも好評だったことから、国交省が道路運送法に基づく通達を改正して28日から制度としてスタートした。

 ジャパンタクシーの川鍋一朗社長は「大正元(1912)年に距離に応じて増える運賃が始まったが、ルートを事前に決められる配車アプリで、業界108年目で初めての運賃体系を導入できた」と事前確定運賃の意義を強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus