メーカー

カプコン9月中間最高益 モンハン好調

 カプコンが29日発売した2019年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比43.7%増の98億円となり中間期として過去最高益を更新した。9月に世界で発売した人気ソフト「モンスターハンターワールド」の最新作が、1カ月弱で280万本を出荷するヒットとなったことが貢献した。

 売上高は14.0%減の372億円。「バイオハザード」など発売から時間がたったタイトルを値下げした影響が出た。ただ旧作は制作費を既に回収し、原価も安くなるため利益面では寄与した。ダウンロード販売比率が伸びたこともコスト削減につながった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus