IT

東芝やソフトバンクがIoT連合発足へ 100社でサービス開発

 東芝は5日、あらゆる機器を通信でつなぐ「モノのインターネット(IoT)」の新たなサービス開発に向けた企業連合の枠組みを、令和2年春にも発足させると明らかにした。ソフトバンクやKDDI、東京ガスなど100社程度が参加する方向で調整している。

 枠組みの名称は「ifLink(イフリンク)オープンコミュニティ」。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの普及を見据え、参加企業がそれぞれの技術を持ち寄る。家電やスマートフォンを連動させたり、センサーで人の動きを感知したりするなど、IoTを活用したサービスの創出を目指す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus