IT

ドコモ・KDDI・JR東日本 タクシーアプリと提携し配車需要予測

 複数の交通機関を組み合わせ、スマートフォン一つで予約から決済までできるサービス「MaaS(マース、モビリティー・アズ・ア・サービス)」の実用化を見据え、大手携帯電話会社や鉄道会社が、ビッグデータの活用に向けた提携に乗り出した。

 タクシーの配車アプリを運営するみんなのタクシー(東京都台東区)は5日、NTTドコモとKDDI(au)と、それぞれ資本業務提携を結んだほか、JR東日本と事業提携したと発表。今後、秘匿処理を行った個人の位置情報を活用したタクシー利用客の需要予測や、ビッグデータを活用したプラットフォームの構築などを急ぐ構えだ。

 ドコモは、顧客のID情報(dアカウント)やdポイントクラブ会員の基盤と、みんなのタクシーのスマホアプリ「S.RIDE」を連携し、送客やQRコードによる決済を推進する。また、ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを使って数時間先のある地域にいる人数を予測することで、タクシー利用客の需要予測の精度を高める。

 KDDIは、MaaSの普及に向けたプラットフォームの構築や、ビッグデータを活用した新たなビジネスなどを共同で検討する。

 JR東は、自社の交通系スマホアプリ「Ringo Pass」とS.RIDEを連携させて有効活用を進める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus