IT

メルペイ、1人最大1億円還元キャンペーン第2弾 若年層取り込みに課題

 フリーマーケットアプリ大手のメルカリのスマートフォン決済を運営するメルペイ(東京都港区)は6日、友人にアプリを紹介して、最大で1億円分のポイントを還元するキャンペーンの第2弾を始めたと発表した。8月末から9月にかけても同様のキャンペーンを実施。今回はCMキャラクターにタレントのきゃりーぱみゅぱみゅさんを新たに起用し若年層の取り込みを狙う。

 メルペイのキャンペーンでは友人にアプリを紹介して、登録してもらうと1千円分のポイントを付与する。何人でも誘うことができ、還元額は最大で1億円になる。

 メルペイは、6月時点では利用者数が200万人超だったが、消費税増税に伴うキャッシュレス決済に対する政府のポイント還元施策などが追い風となり、10月16日時点で500万人を超えた。

 ただ、ソフトバンクとヤフーが共同出資するスマホ決済「ペイペイ」は利用者が1920万人に上る。ソフトバンクの宮内謙社長は「独り勝ちの状況になりつつある」と自信をみせる。

 メルカリにとって、フリーマーケットの売上金を利用できるメルペイの普及は本業の活性化にも直結する。メルカリの主な利用者の若年層の取り込みが大きな課題となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus