IT

ソフトバンクG、9月中間は営業赤字155億円 ウィーワークの評価損響く

 ソフトバンクグループ(SBG)が6日発表した2019年9月中間連結決算(国際会計基準)は本業のもうけを示す営業損益が155億円の赤字(前年同期は1兆4207億円の黒字)に転落した。主力のファンド事業で多額の損失が発生したのが要因。中間期での営業赤字は2004年以来15年ぶりとなる。

 共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーや配車大手ウーバー・テクノロジーズの企業価値が急落しており、ファンド事業は5726億円の営業赤字となった。特に7~9月期の悪化が著しく、9702億円の営業赤字だった。

 最終利益は前年同期比49.8%減の4215億円。売上高は横ばいの4兆6517億円だった。

 孫正義会長兼社長は、経営難に陥っているウィーについて、急拡大で経費が増大していたとして、新規ビルの増床を停止したことを明かした。経費削減や不採算事業の整理を実施し、収益を改善させる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus