サービス

オムロンなど 舞鶴でMaaS実証実験へ アプリ活用、地域の足確保

 オムロンと日本交通、京都府舞鶴市は、住民による送迎とバス、タクシーを組み合わせた移動手段を提供する実証実験を同市内で開始する。スマートフォンのアプリを活用した次世代移動サービス「MaaS(マース)」の一環。高齢化の進む地域で運転手不足の解消を狙う。

 来年4~6月に実施。利用者はオムロンが開発したアプリ「meemo(ミーモ)」で目的地までの交通手段を検索する。バスとタクシー、住民の送迎を組み合わせた複数の選択肢から移動方法を決めることができる。

 バスとタクシーは有料だが住民の送迎は無料。送迎した運転手は舞鶴市などでつくる協議会からガソリン代が支払われるほか、アプリ内でポイントを受け取る。ポイントをためると同市から感謝状が授与される。オムロンなどは実験結果を検証し、本格導入が可能かどうかを判断する。

 日本交通の沢志郎社長は京都市内で5日に記者会見し「タクシーや自家用車といった既存の垣根にこだわっていては地域の足が崩壊する。新しいことに挑戦していく」と語った。マースは関西鉄道大手7社が導入を共同で検討するなど普及を目指した動きが広がっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus