話題・その他

例年以上に低迷するM&A案件、8年ぶり最低水準 上向く可能性は? (2/2ページ)

 同氏によると、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社がより積極的になってきていて、以前なら検討しなかったような買収先に目を向けているという。バイアウトファンドの投資会社も未投資資本が潤沢な上、好条件の資金調達手段があり、英企業の非公開化に向けた一連の取引を推進している。

 企業へのアドバイザリー業務を手掛ける会計事務所BDOによると、英上場企業の非公開化案件は過去1年で3倍強の140億ポンドに達した。PE投資会社が関与した取引数は米国および世界でも増えているとBDOは説明する。

 ドイツ銀行のチーフエコノミスト、デービッド・フォルカーツ・ランダウ氏は10月22日付の調査ノートで、EU離脱協議が生産的な方向に移り、米中貿易戦争で両国は事態を一段と悪化させるより協議に前向きな姿勢を示していると指摘する。

 シティグループの欧州、中東、アフリカM&A責任者、アリソン・ハーディング・ジョーンズ氏は「過去2、3週間にわたってM&A活動が有意に回復した。今のところ、複数の案件につながる可能性もそうならない可能性もあるが、成長(への道)を見いだすよう企業の経営陣に多くの圧力がかかっている。資金調達コストが低いことやEU離脱をめぐる確実性が助けになるだろう」と語っている。(ブルームバーグ Jan-Henrik F●rster、Nabila Ahmed ●=ウムラウト付きo)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus