メーカー

RJCカーオブザイヤー、日産と三菱の軽が受賞

 自動車評論家らでつくる日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)は13日、優れた車に贈る「RJCカーオブザイヤー」に、日産自動車の軽「デイズ」と三菱自動車の軽「eKワゴン」を選んだと発表した。2社が共同開発した車で、共同受賞は初めて。軽で初めて運転支援システムを搭載し、ドライバーの負担を軽減したことを高く評価した。

 輸入車部門はBMWのセダン「3シリーズ」を選んだ。技術部門は、車線変更や分岐などの走行も支援する日産の自動運転技術「プロパイロット2・0」に決めた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus