サービス

ファミリーマートが時短営業を容認 加盟店支援に100億円投資 (1/2ページ)

 コンビニエンスストア大手ファミリーマートは14日、加盟店希望に基づいた夜間帯閉店による時短営業を令和2年3月から実施すると発表した。同日開催の取締役会で、時短営業を含めたフランチャイズ(FC)加盟店への支援策を決議した。コンビニ運営の根幹である「原則24時間営業」の一律運営の限界を認めた形で、人手不足問題などにより本部のスリム化を含め、新たなビジネスモデル構築に踏み出す。

 沢田貴司社長は14日、東京都内で開いた記者会見で、コンビニがこれまで歩んできた大量出店による成長に対して限界を指摘した上で、時短容認路線へのかじ取りに関し「24時間ビジネスモデルは非常に優れている。一方で、人手不足や最低賃金上昇などコスト構造も変わり、苦労している加盟店もある。加盟店ファーストでの判断だ」と述べた。

 ファミマは加盟店側の希望に基づく時短営業を認め、新たなFC契約に改定する。加盟店は毎日午後11時~午前7時までの最大8時間か、週1回(日曜夜~月曜朝)のいずれかを選択。12月まで続く時短営業実験の結果をもとに、来年1月以降にガイドラインを策定する。

 さらに、加盟店の収益安定に向け、24時間営業の加盟店に支払う「24時間営業分担金」を月額10万円から12万円に引き上げ、週1回の時短の場合は日割り支給する。このほか、廃棄ロス削減対策や複数店経営などへの奨励金の増額も決めた。本部の負担額は年間約100億円となる見込みで、加盟店1店当たりは70万円程度になるという。

 一方、本部の構造改革にも着手。現場での対応力を強化するため、各地域にエリア本部を設置し、権限委譲を進める。来年2月までに全社員の約1割に相当する約800人の希望退職を実施する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus