サービス

大手企業の冬のボーナス平均96・4万円 2年連続過去最高

 経団連は14日、大手企業の冬のボーナスの妥結額の第1回集計が昨冬より1・49%多い96万4543円で、2年連続で過去最高を更新したと発表した。昨冬が昭和34年に調査を始めて以来の過去最高だった。

 第1回集計は、春季労使交渉で夏・冬のボーナス(一時金)を合わせた年間協定の企業が中心で、今春時点の好調な企業業績が反映されたほか、人手不足対策もある。

 支給額は平成27年から5年連続で90万円を超えた。令和元年9月中間連結決算では製造業の下方修正も相次ぐ。ただ、12月下旬の最終集計では足元の業績連動による回答も増えるものの、経団連は「水準は下がるが、引き続き90万円前後の高水準が見込まれる」としている。

 妥結額が高いのは建設の172万3818円、自動車の102万3057円、造船の92万3円の順。

 調査対象は東証1部上場の主要21業種の大手251社。このうち、12業種82社からの回答を公表した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus