メーカー

サウジ原油生産が回復 10月、施設攻撃前水準に

 石油輸出国機構(OPEC)が14日発表した石油月報によると、サウジアラビアの10月の原油生産は前月比12%増の日量989万バレルだった。国営石油会社サウジアラムコの施設が攻撃を受け、9月に生産が一時急減したが、10月は攻撃前の8月と同水準に回復した。

 OPEC加盟国全体の生産もサウジの回復により、3%増の日量2965万バレルとなった。ただロシアなど非加盟国と実施している協調減産によって、依然として日量3千万バレルを下回る水準になっている。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus