IT

NTTファシリティーズがフォーラム開催 安全な街づくりの技術紹介

 NTTファシリティーズは14日、R&Dフォーラム「Smart&Saftyな街づくりを支える技術開発」を東京都武蔵野市のNTT武蔵野研究開発センタ内振動実験棟で開き、自然災害や働き方改革などの生活に密着した社会問題に対応した安心・安全で持続可能な社会の実現を支える技術を紹介した。

 フォーラムでは、NTTファシリティーズ研究開発部長の豊田耕造氏が講演した後、若手研究者が制作した動画による紹介や、「街づくり」をテーマにしたミニ講演などが行われた。

 また、会場内の展示コーナーでは、「Society5.0」の実現を目指した街づくりや、建物への直撃雷に伴い発生する電流・電圧をシミュレーションにより可視化する技術、ドローンを用いた太陽光パネルの故障診断や画像による外壁・屋根の劣化判定技術などを紹介した。

 このほか、通信装置用バックアップ電源への導入を見越して、寿命予測や安全性の確認試験などを支援するリチウムイオン電池の評価や空調ソリューションの実証施設も展示。働き方改革に向けて、人工知能(AI)を活用した建物設備の最適制御や快適性と省エネ性を追求した窓開け通知システムなど生産性向上を後押しする技術も紹介した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus