自動車

ジャガー部門の提携先模索 タタ、吉利やBMWなどに打診

 インド最大の複合企業タタ・グループは傘下の英高級車部門ジャガー・ランドローバー(JLR)の提携先として、吉利汽車の親会社、浙江吉利控股や独BMWなどの複数の自動車メーカーに接触していることが分かった。コストを削減し、電気自動車(EV)投資の負担を軽減することが狙い。

 関係者によると、協議は初期の段階で、タタが他のパートナー候補に打診する可能性があるという。吉利汽車やBMWがどの程度受け入れに積極的かは今のところ明らかでない。

 タタは2008年にJLRを23億ドル(約2500億円)で取得。タタはJLRのパートナー探しに前向きだが、同部門の売却は計画していないとグループ持ち株会社タタ・サンズのナタラジャン・チャンドラセカラン会長が先月のインタビューで述べていた。(ブルームバーグ Siddharth Philip、Dingmin Zhang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus