メーカー

レクサスEV市販車初披露 中国でモーターショー開幕

 中国広東省広州で22日、「広州国際モーターショー」が開幕した。自動車メーカー各社が電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの最新モデルを並べる中、トヨタ自動車は高級車ブランド「レクサス」で初となるEVの市販モデルを世界初公開。EVの需要が見込まれる中国や欧州に先行投入する計画だ。

 世界最大の自動車市場を誇る中国では米中貿易摩擦に伴う景気低迷で新車販売が縮小傾向にある。各メーカーは激しい競争を生き残るため、他社との違いをアピールしようと躍起になっている。

 日産自動車は自動運転技術を搭載したEVのコンセプトカーを展示。現地法人幹部は「中国は最も重要な市場だ。新しい消費者のニーズに新しい技術で応える」と訴えた。

 米EV大手テスラは初の海外工場である上海工場で生産した主力セダン「モデル3」を披露。「メード・イン・チャイナ」を前面に出して販売を伸ばしたい考えだ。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus