サービス

経済同友会、連合が懇談会 主権者教育や独立財政機関を共同推進

 経済同友会と連合は5日、都内で懇談会を開催し、働き方改革や社会保障改革などについて議論した。経済同友会と連合は、若者に選挙制度と政治を考えてもらう主権者教育や、政府から独立し中立の立場で政策の財政への影響などを調査する「独立財政機関」を推進することで一致した。今後、共同提案したり、シンポジウムを共催したりすることなど具体策を探りたい考え。

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事は「医療、介護、年金の給付と負担のあり方と、働き方の未来を含む改革案をパッケージで示す必要がある」と強調した。

 連合の神津里季生(りきお)会長は、この20年、欧米の名目賃金が大幅に伸びたのに対して日本は減少し、一人親世帯の貧困率や最低賃金(の低さ)は見過ごせない」と格差是正を訴えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus