サービス

イトーヨーカドーとヨークマート 一部店舗で元日休業へ

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は5日、傘下のスーパー、イトーヨーカドーとヨークマートの一部店舗を来年の元日に休業すると発表した。従業員の働き方改革の取り組みの一環で、元日に計画休業を実施するのは初めて。

 休業店舗数はイトーヨーカドーが東京、千葉など5都道県の16店舗と全体(159店舗)の1割にとどまる。一方、ヨークマートは神奈川、埼玉など1都3県の35店舗で実施するため全体(78店舗)の45%が休業となる。例年の元日は営業しており、休業は入居ビルの休館の場合などに限っていた。

 休業日前後の客の動向などを分析して、再来年以降の休業拡大に向けた検討材料とする方針だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus