IT

アマゾンがベライゾンと提携 5G低遅延サービス提供

 米アマゾン・コムは3日、第5世代(5G)移動通信規格の低遅延サービス提供でベライゾン・コミュニケーションズと提携したと発表した。利用者により近いエリアでデータを迅速処理する「エッジコンピューティング」分野を強化し、次世代ゲームやロボット管理、自動運転といったシーンでのデータ処理の迅速化を図る。

 アマゾンのクラウド部門、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は同日、「ウエーブレングス」と呼ばれるサービスの提供をシカゴで開始した。ゲーム開発を手掛けるゼニマックス・メディア傘下のベセスダ・ソフトワークスなどが契約している。

 アマゾンはベライゾン以外の通信業者とも提携し、エッジコンピューティングのサービスを他国にも広げる計画。AWSは日本ではKDDIと提携したと発表した。

 業界アナリストのチェタン・シャーマ氏は、エッジコンピューティングの市場規模は2030年までに4兆ドル(約434兆円)に拡大すると見通す。同分野には大手テクノロジー企業が相次ぎ参入しており、米IT大手マイクロソフトは今年、通信大手AT&Tとエッジコンピューティング分野での提携を発表。両社は米ダラスでクラウドサービス「アジュール」を通じたサービスの提供を開始した。

 企業の間で自社システムをクラウドへ移行する動きが加速する中、AWSなどのクラウドコンピューティング企業に対してサービスを利用者側に物理的に近づけるよう要求する声が高まっている。

 サーバーを遠隔地に設置することに伴う通信遅延は、特に製造管理システムやストリーミングサービスなどで致命傷になる可能性がある。(ブルームバーグ Scott Moritz、Matt Day)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus