自動車

大株主の仏政府が合併支持 PSA、フィアットとの計画で

 プジョーなどを持つ仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との合併計画をめぐり、大株主であるフランス政府から支持を取り付けた。関係者が明らかにした。

 それによると、PSA株を約12%保有し、取締役会にもメンバーを送っているフランス政府は、今週承認される可能性がある、拘束力を持つ覚書を支持している。PSAの取締役会は17日に条件を精査。10月31日に両社合併計画が明らかになって以来、条件は若干変更されている。

 仏財務省当局者の1人は16日、「持続可能なモビリティーという課題に取り組む上で、世界規模での勝者を誕生させるためにも合併計画は理にかなっている」との文書を発表した。PSAとフィアットの担当者はコメントを拒否した。(ブルームバーグ Ania Nussbaum、Daniele Lepido)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus