話題・その他

社債、来年は低リターンか 今年最高2.4兆ドル発行も評価はタイトに

 2019年は記録的な社債発行の年だった。しかしこれを支えた旺盛な需要が、来年のリターンをさえないものとする可能性がある。

 企業は今年これまでに、さまざまな通貨建てを合わせ2兆4400億ドル(約267兆円)相当を起債し、既に従来の年間記録を上回っている。各中央銀行が金利を引き下げる中で利回りを求める投資家は社債に殺到、バリュエーションを押し上げた。

 ただ最近のデータは世界経済の最悪期が過ぎた可能性を示唆しており、多くの中銀にとっては借り入れコストを来年さらに押し下げる理由が少なくなるとみられる。そうなれば、一部の投資家が今年社債で得た2桁台のリターンを上回ることは難しくなる。

 アバディーン・スタンダード・インベストメンツの債券グローバル責任者、クレイグ・マクドナルド氏は「市場の一角ではバリュエーションがタイトだ。間違いを犯す余地は余りない」と話す。発行体に問題があることを見逃せば、「今年の非常に強いリターンではなく、かなり低いリターンとなる恐れがある」と語った。

 米中貿易交渉などの不確定要素があり、北朝鮮のような地政学的リスクもボラティリティーを高め得る。

 資金調達コストを押し上げるような衝撃からは、大量の負債を抱えた弱い企業が特に影響を受けやすい。アジアと欧州で記録的なペースとなり米国でも高水準だった今年の社債発行ブームを受け、そうした企業には事欠かない。(ブルームバーグ Finbarr Flynn)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus