IT

「ウィンドウズ7」搭載PC、国内なお約1500万台 MS推計

 日本マイクロソフト(MS)は24日、来年1月14日にサポートを終了する基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」を搭載したパソコンが、国内でまだ約1500万台利用されているとの推計を発表した。不正アクセスなどの被害を防ぐため、OSの更新やパソコンの買い替えといった対応を呼び掛けている。

 推計によると、ウィンドウズ7のパソコンは最近の半年間で500万台以上減ったものの、企業や地方自治体などの法人で813万台、一般家庭で679万台が使われている。国内で利用中のパソコン総台数に占める割合は19%と見積もった。

 サポート終了後はセキュリティー上の欠陥を修正する更新プログラムの提供が受けられなくなり、ウイルスに感染したり、個人情報が盗まれたりする恐れが強まる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus