テクノロジー

大雨リスク判断しやすく 気象庁HPの危険度分布

 気象庁は24日、大雨が降った際の災害リスクを地図上で5段階に色分けして示すホームページ(HP)上の「危険度分布」について、洪水や土砂災害の危険性を伝えるハザードマップと重ね合わせて閲覧できるようにすると発表した。

 刻一刻と変化する降雨状況と、ハザードマップを照らし合わせることで、住民らに即座に危険性を伝えるのが狙い。同庁の担当者は「自主避難の判断などに活用してもらいたい」としている。

 同庁がHPで公開している危険度分布は常に10分おきに更新。24日午後2時からは、都道府県が作成した土砂災害警戒区域(指定される予定区域も含む)を示したハザードマップや、国土交通省が作成している洪水浸水想定区域のハザードマップと重ね合わせて見ることができるようになる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus