話題・その他

次のドル箱はデータ、変わる「CES」 自動車×ITの新ビジネス模索 (2/2ページ)

 完全自動運転へ1号

 一方、アマゾンのクラウドコンピューティング部門、アマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)は車載ソフト「QNX」を擁するカナダのソフトウエア会社ブラックベリーと組み、自動車メーカー向けの新たなサービスを発表した。セキュリティーやソフトウエア機能の更新や車両の健康チェック、車載センサーからのデータ入手、新たなアプリの構築、情報に対する人工知能(AI)モデルの適用で自動車メーカーを支援する。

 クアルコムはCESで完全自動運転車向け第1号となる半導体とソフトウエアを発表した。同社のチップはかねて、世界のほとんどのコネクテッドカー(つながる車)の通信機能を支援してきた。同社によると、新製品は今後数年で商用化され、自動運転車の開発や走行に必要なコスト、消費電力を低減するという。(ブルームバーグ Ian King、Ed Ludlow)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus