メーカー

伊方原発 MOX燃料の取り出し 全国初 搬出先未定、プールに保管

 四国電力は14日までに、定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で、プルサーマル発電で使い終わったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を取り出した。四国電によると、本格的なプルサーマル発電でMOX燃料を取り出したのは全国初で、時間は13日午後11時57分。昨年12月26日からの定検の一環で、MOX燃料は計16体取り出し、新たに5体装荷する。

 政府や電力会社は、使用済みのウラン燃料を化学的に処理(再処理)し、プルトニウムを取り出し再利用する「核燃料サイクル」の一環として、普通の原発でMOX燃料を燃やすプルサーマルを推進。使用済みMOX燃料も再利用する構想だが、再処理できる施設が国内になく搬出先が未定のため、四国電力は当面、原発内のプールに保管する。使用済みMOX燃料は発熱量が大きいなどの特徴がある。

 四国電は14日午前10時15分ごろ、作業現場を報道陣に公開。16体のうち既に2体のMOX燃料が取り出され、プールに納められていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus