メーカー

洋上風力国際組織 JERAが初参加へ

 東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合して発足したJERA(東京都中央区)は14日、洋上風力発電の普及に向けた国際組織「海洋再生可能エネルギー連合」に参加すると発表した。同連合への参加はJERAが日本企業で初めてとなる。

 同連合は、洋上風力発電大手のエルステッド(デンマーク)、エクイノール(ノルウェー)が主導し、これにシーメンス・ガメサ(ドイツ)などの発電機メーカーが加わって発足した。再生可能エネルギーである洋上風力発電が、温室効果ガス削減に大きく貢献できるとしている。各国政府や国際機関に対して、洋上風力発電の普及促進を求める提言をまとめ、今年6月にポルトガル・リスボンで開催される国連海洋会議で公表する計画。

 JERAは、台湾の大型洋上風力プロジェクトに参画したほか、日本での事業化も検討している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus