話題・その他

独立系VCインキュベイトファンド 社会人向け起業支援プログラム立ち上げ

 独立系ベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンド(東京都港区)は15日、主に25~35歳の社会人を対象にした起業支援プログラムを立ち上げたと発表した。副業解禁の流れを受け、企業や研究機関などに眠っている新たな技術やアイデアの具現化を後押しする。

 「ブルーフィールドプログラム」は、東京都内で月1回程度開かれる勉強会での参加者同士の討論などを通じて、新規事業のプランやアイデアを練り上げていく。また必要に応じ、起業や転職などに関する相談に専門家が応じる。参加期間は半年間。半年後にプログラム参加の延長について協議する。

 定員は最大で10人。同日に参加希望者の受け付けを始めた。参加料は無料だが、書類選考と面接で参加者を選抜する。

 インキュベイトファンドは平成22年の設立以来、各種創業支援を実施。26年にはビジネスマン向け業界研究コミュニティーなどを立ち上げている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus