メーカー

曙ブレーキが早期退職募集 間接部門の200人

 経営再建中の曙ブレーキ工業は16日、早期退職者約200人を募集すると発表した。勤続年数が3年以上で40歳以上の社員など、国内の間接部門の約1200人が対象。募集期間は2月24日~3月9日で、退職日は4月末の予定。

 応募者には、通常の退職金に特別加算金を加えて支給し、再就職支援も行う。費用は令和2年3月期連結決算に特別損失として計上する。

 国内外の生産拠点の閉鎖や縮小も計画しており、生産部門の人員削減を別に検討している。

 曙ブレーキは、米国での受注失敗を受けて業績が悪化。私的整理の一種である「事業再生ADR」による再建計画が昨年9月に承認された。 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus