メーカー

トヨタ「空飛ぶ車」参入 米企業に430億円出資

 トヨタ自動車は16日、「空飛ぶタクシー」向けの機体開発に取り組む米企業に対して3億9400万ドル(約430億円)を出資したと発表した。今後、需要の高まりが見込まれる「空飛ぶ車」事業に本格参入する。車の生産や電動化で培った技術を共有し、機体の量産化を目指す。他の自動車メーカーも開発に乗り出しており、次世代の輸送手段の競争は激化しそうだ。

 トヨタの出資先は米カリフォルニア州の「Joby Aviation(ジョビー アビエーション)」。垂直に離着陸し、ヘリコプターやドローン、小型飛行機の特徴を併せ持つ電動の機体「eVTOL(イーブイトール)」の開発を進めている。短距離向けで、渋滞が深刻な都市圏の通勤用などの需要が見込まれる空飛ぶタクシーでの活用を目指している。

 空飛ぶ移動事業をめぐっては、韓国の現代自動車が今月、米配車大手ウーバー・テクノロジーズと提携し空飛ぶタクシーの開発を発表。高級スポーツ車メーカーのポルシェも、米航空機大手ボーイングと提携し、共同開発を進めている。トヨタの友山茂樹副社長が出資先企業の取締役に就く。トヨタは素材開発や設計にも協力する。国内では、過疎地域の輸送手段としての活用も想定される。

 トヨタの豊田章男社長は、空の移動の実用化はトヨタ創業以来の夢だったとし「今回の協業により、空にも移動の自由と楽しさを届けるモビリティーの実現に貢献できることをうれしく思う」とのコメントを出した。

 出資先企業のジョーベン・ビバート最高経営責任者(CEO)は「トヨタの優れた製造技術を活用できることを楽しみにしている」と表明した。

                   ◇

【用語解説】空飛ぶ車

 人を乗せて空を移動する次世代の乗り物。一般的には、電動で垂直に離着陸するパイロットがいない航空機を指す。タクシーや物流、災害対応への活用が期待される。政府は2018年、実現に向けて官民が取り組むべき技術開発や制度整備などの工程表を発表。19年から試験飛行や実証実験を行い、23年の事業開始を目指すとした。国内ではトヨタ自動車出身の技術者らが設立した「スカイドライブ」(東京)が昨年12月、初めて有人飛行試験を行った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus