IT

au 通信容量無制限プラン値下げ 5G見据え顧客囲い込み

 KDDI(au)は月のデータ通信容量に制限がない携帯電話料金の「auデータMAXプランPro」を2月に2割弱値下げする方針を固めた。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの商用サービスの開始を見据え、データ利用量が多い顧客を取り込む。4月に本格参入する楽天に対抗する思惑もある。

 同プランは2年間の通信契約時の料金が月額8980円(税別)で、家族との同時加入などの割引を活用すれば、月5980円で利用できる。値下げによって4480円となる見込み。

 通信速度が現行の4Gの100倍になる5Gでは動画の普及が期待され、データ容量に制限がないプランが主流になる公算が大きい。KDDIは4Gでも使い放題プランを安価に提供して顧客を囲い込み、5G時代に備える狙いがある。

 また、楽天が本格参入する際には、低容量プランで価格競争を仕掛けるとみられている。KDDIは大容量プランの料金を引き下げることで、楽天との違いを明確にする考えだ。

 携帯料金をめぐっては政府が昨年、競争を促すための法改正を進めたが、実際の値下げは小幅にとどまった。KDDIが値下げに踏み切ることで各社の競争が激しくなる可能性もある。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus