IT

東芝架空取引、新たに2社 少なくとも計5社関与

 東芝子会社の東芝ITサービス(川崎市)が架空取引をしていた問題で、システム開発などの富士電機ITソリューション(東京)とリース会社のみずほ東芝リース(同)の2社が新たに関わっていたことが24日、分かった。システム構築などの日鉄ソリューションズとネットワンシステムズの関与も判明しており、少なくとも5社が関わっていたことが判明した。

 複数の関係者によると、架空取引では商品やサービスをやりとりせず、書類上だけで売買を装う「循環取引」が行われていた。ネットワンと日鉄ソリューションズがIT機器を売買する取引の間に東芝ITサービス、富士電機ITソリューション、みずほ東芝リースを介在させる形だったが、実際には機器が取引された形跡がなかったという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus