サービス

国内初 自動運転バス実用化 茨城・境町で4月から運行

 自動運転による公道での小型バス走行が国内で初めて実用化される見通しとなった。茨城県境町は27日、ソフトバンク系のSBドライブなどと共同で、4月から11人乗り小型バスを町内往復5キロの区間でシステムを主に利用した自動運転を行うと発表した。人手不足でバスなど公共交通機関が減少している地方自治体から自動運転は注目を集めており、境町以外にも北海道上士幌町など全国3自治体が自動運転実用化に前向きという。

 境町の自動運転では、仏ナビヤの小型電気自動車(EV)バス「ナビヤ・アルマ」に、障害物を検知するセンサーやカメラを装着した車両を使用する。銀行や小学校、郵便局、病院などを経由する往復5キロ区間を時速19キロ程度で無料運行することが検討されている。

 運行予定は5年間で、同町では計5億2000万円の予算を確保した。町内には鉄道路線がないため、高齢の住民は免許を返納したくても車以外の交通手段がなく、返納できない状態という。橋本正裕町長は「住民に便利な公共交通機関をなんとかしてくれといわれていた。地元のバス会社も運転手確保が難しくなっており、協力して自動運転を進めたい」と話した。

 SBドライブは境町の実用化をきっかけに、公共交通機関の減少に悩む地方自治体への導入を進めたい考え。同社の佐治友基社長は「全国各地の課題解決につなげたい。(他の自治体には)境町に視察に来てもらいたい」としており、北海道上士幌町、福島県双葉町、長崎県対馬市の3自治体から導入を進めたい意向を受けているという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus