サービス

初の「ごはんバーガー」3種を夜間帯に投入 日本マクドナルド (1/2ページ)

 日本マクドナルドは28日に開いた「夜マック」新メニュー発表会で、バンズの代わりに米飯を使った「ごはんバーガー」3品を、2月5日から全国で販売すると発表した。米飯を使ったバーガーを販売するのは同社としては初めて。時間帯別メニューの強化の一環だが、米飯を食べたい人や和食へのニーズに応え、30代、40代の取り込みを狙う。

 新メニューは「ごはんてりやき」(税込み店頭価格390円)、「ごはんベーコンレタス」(同410円)、「ごはんチキンフィレオ」(同410円)。バーガー類の人気商品3品の中身をそのまま“活用”。円盤型に成形した国産米の米飯バンズは、しょう油ダレを塗って焼くなど、食欲をそそるように仕上げた。

 販売は午後5時から閉店までの夜間帯で、単品価格に300円を追加すると、ドリンクとサイドメニューが付くバリューセットになる。5月中旬までの期間限定商品だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus