金融

みずほ銀行、送金と外貨両替手数料引き上げ 個人顧客対象、4月から

 みずほ銀行は3日、個人顧客を対象に店頭での国内外の送金と外貨両替の手数料を4月から引き上げると発表した。国内外の送金手数料は同行の本支店向けが5000円から8000円に、他行向けが5500円から8500円に引き上げる。外貨の両替は購入時(一律1000円)と売却時(一律500円)の手数料を通貨ごとに料率が課される仕組みとなる。みずほ銀はマネーロンダリング(資金洗浄)対策などのコスト増加が値上げの要因としている。

 同行の個人向けの国内外への送金手数料の引き上げは、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が合併した2002年4月以来、初めて。国内送金では外貨建や国内非居住者円建での送金手数料が引き上げられる。

 また、外貨の両替手数料は通貨ごとにみずほ銀が定める料率で手数料が課される。例えば米ドルの場合、1ドル両替するごとに2円の手数料が課されるようになる。このため、円で500ドル超を購入した場合の手数料はこれまで(一律1000円)より高くなる。

 国内外への送金手数料は、三菱UFJ銀行や三井住友銀行も昨年に引き上げており、みずほ銀は法人向けの同手数料を1月に引き上げていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus