金融

イオン、生命保険事業参入へ アリアンツ日本法人を買収

 イオンフィナンシャルサービス(東京)は4日、ドイツの保険大手アリアンツグループの日本法人、アリアンツ生命保険(東京)を買収すると発表した。第三者割当増資を約36億円で引き受け、議決権ベースで60%の株式を取得する。金融庁の認可を経て生命保険事業に参入する。

 イオンフィナンシャルサービスは全国に115の保険販売代理店を持つ。アリアンツの保険事業に関するノウハウを取り入れ、保険商品を幅広く販売する態勢を整える。

 アリアンツ生命保険は2008年4月に保険販売を始めた。12年1月から新規契約の募集を休止しているが、19年3月末時点で約2万件の契約がある。イオンフィナンシャルサービスは、買収後も既存契約の条件などは変更しないとしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus