金融

新型肺炎で官民金融機関に企業の資金繰り支援を要請 麻生財務相

 麻生太郎財務相は7日の記者会見で、肺炎を起こす新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、企業の資金繰りに支障が生じないよう政府系金融機関に適切な貸し出しを行うよう要請したことを明らかにした。日本政策金融公庫と沖縄振興開発金融公庫には、外的要因で一時的に売り上げが減少した中小企業などが対象になる「セーフティネット貸付」の活用を求める。

 また、民間金融機関に対しても「事業者を訪問し、丁寧な経営相談や資金面の支援など適切な事業者支援を促したい」と述べた。

 安倍晋三首相は新型肺炎の拡大を防ぐため、予備費の活用を視野に必要な対策を取るよう指示した。麻生氏は「各省庁と連携しつつ対応策の検討が進んでいる。感染拡大の防止に向け、政府として対応に万全を期したい」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus