IT

スペインの通信見本市が新型肺炎の影響で中止 日本勢5Gアピールの場失う 

 スペイン・バルセロナで開催予定だった世界最大級の携帯端末見本市が、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大により中止になったことで、今春の商用化が控える日本の第5世代(5G)移動通信システムは出ばなをくじかれかねない事態になった。世界ではすでに5Gの商用化が始まっており、日本を“周回遅れ”とする見方は根強い。日本の技術力をアピールし、下馬評を覆す絶好の機会だっただけに、今後の日本勢の発信力が試される。

 展示会には、NTTドコモや楽天モバイル、ソニーが出展を予定していた。中でも、ドコモは吉沢和弘社長が基調講演をすることになっていたため、担当者も「せっかくの機会が失われた」と落胆は大きい。ライブ中継やロボットの遠隔操作といった産業用途など、5Gプレサービスの成果をアピールするはずだった。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日の決算会見で「世界の企業とかなり大きな発表をする予定だった。新しいグローバルプラットフォームになる可能性もある話だ」と悔やんだ。

 大規模な国際見本市は、貴重な情報交換の場でもある。海外の先行事例や最新技術を知ろうと、関連企業の首脳が集まるからだ。世界中から参加する約2400社との商談のチャンスを失ったことにもなる。

 米国や韓国、欧州の一部では5Gの商用化が始まっており、中国、韓国の端末メーカーが対応スマートフォンを発売している。ただ、地域が限定されていたり、新たなサービスやそれに必要な周辺機器は打ち出せていなかったりと、5Gの真価を発揮できていないのが現状だ。日本勢は商用化が遅れたものの、連携企業を増やしながら、着実に実証を積んでおり、挽回のチャンスは十分にある。

 ソニーは24日に現地で予定していた記者発表会に代わり、動画投稿サイト「ユーチューブ」で新製品を発表する計画。出展予定だった各社は、関係者が一堂に会する見本市以上の情報発信ができるか、注目される。(高木克聡)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus