IT

イベントをバーチャル開催 KDDI、新型肺炎で

 KDDI(au)は19日までに、3月24日に東京都内で開催予定だったベンチャー企業向けイベントを中止し、代わりにインターネット上のバーチャル空間でイベントを実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染による肺炎の拡大を受けた措置。

 バーチャルイベントのアプリ開発を手掛け、KDDIの出資先でもあるクラスター(東京)の協力を得た。仮想現実(VR)端末やスマートフォンなどで専用アプリをダウンロードし、アバター(分身)を作成してネット上のバーチャル会場を訪れると、観客席にいるような視点で視聴できるという。動画投稿サイト「ユーチューブ」でも無料で生配信する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus