話題・その他

旧村上系、東芝機械TOBの期限延長

 旧村上ファンド系の投資会社シティインデックスイレブンス(東京)は18日、工作機械大手の東芝機械に対する株式公開買い付け(TOB)の期限を、3月4日から4月16日に延長すると公表した。従来期限より後の3月27日に開く臨時株主総会で株主の総意を確認する必要があるとして、東芝機械側が延長を求めていたことに応じた。シティは、東芝機械がTOBへの反対を表明したことを「誠に遺憾」と批判した。東芝機械は臨時総会で、他の既存株主に新株予約権を割り当てて買収者の保有比率を下げる買収防衛策発動の是非を問い、事実上、TOBへの賛否を諮る方針だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus