IT

来年度は「商品売る年でない」 かんぽ生命の千田社長

 かんぽ生命保険の千田哲也社長が21日、1月の就任後初めて産経新聞などのインタビューに応じ、「令和2年度は(保険商品を)顧客に売っていく年ではない」との考えを示した。かんぽ生命は金融庁の業務停止命令を受けて3月末まで新規の保険販売ができなくなっている。4月以降は販売を再開することも可能だが、「信頼回復が何よりも大切だ」と述べた。

 ただ、かんぽ生命は昨年7月から保険販売を自粛しており、販売再開が遠のけば業績に与える影響も大きくなる。千田氏も「保有契約はどんどん減少するだろう」と認めた上で、販売再開の時期については明言せず、「信頼回復は永遠の課題で、販売再開とは同義ではない。別々に考えていく」と述べた。

 一連の不祥事の背景については「現場と本社の間の情報の目詰まりがあった」と指摘。問題発覚が遅れた背景もここに起因しているといい「信頼関係の問題で、ここに手を付けないと将来はない」とした。低金利で主力の貯蓄性商品の魅力がなくなっていることについても「大きな課題で、再生のための新商品の開発は大事な要素だ」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus