話題・その他

日立が就職説明会中止 各社が感染リスク考慮 採用計画の変更迫られる

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、日立製作所が、3月に予定していた大学生向けの就職・採用説明会を中止することが21日、分かった。損害保険ジャパン日本興亜も自社セミナー開催をやめ、インターネットによる会社説明に切り替える。多くの企業が肺炎感染拡大によって、採用計画や日程の変更を迫られている。

 日立では首都圏で3月6日、10日に就活・採用イベント「日立キャリアライブ」を開催する予定だったが、新型肺炎の感染リスクを考慮し、中止することを決めた。代替の措置については検討中としている。

 損保ジャパン日本興亜は例年、3月1日から申し込みを受け付け、毎回100人程度の学生を社内施設に集めて、5~6回の説明会を実施していた。だが、今年は説明会を中止する。日本製鉄も自社開催の説明会をやめ、インターネット配信のみに切り替える。

 このほか、ホンダは2月24日に栃木県で予定していた施設見学会を中止。キリンホールディングスは実際に学生を集めた説明会や面接を縮小し、昨年までは地方や海外居住の学生向けに実施していたWEB面接を大幅に拡充する方針だ。

 リクルートキャリア(東京)が3月の企業の合同説明会の中止を決定したこともあり、多くの企業が就活・採用計画の変更を余儀なくされている。ANAホールディングスも「やり方を変えることを前提に検討中」と説明している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus