サービス

新型肺炎でイベント中止相次ぐ 遊技機の製造・納品に影響も

 サミー(東京都品川区)とユニバーサルエンターテインメント(東京都江東区)は2月18、22の両日に東京都江東区の東京ビッグサイトで予定していたファンイベント「ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル2020」の開催延期を発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止、来場者や関係者の健康や安全面を考慮した結果、リスクを避けることが最重要と判断した。同時開催の「第1回P-SPORTS超ディスクアッパー選手権」も延期とした。

 このほか、遊技機メーカーにおけるファン向けの催しでは、平和(東京都台東区)が2月24日に開催を予定していたパチンコ新台「P真・黄門ちゃま」のファン試打会を、藤商事(大阪市中央区)が2月29日と3月1日に開催を予定していたパチスロ新台「S地獄少女あとはあなたが決めることよ」のファン試打会を中止。

 パチンコチェーンストア協会(加藤英則代表理事)は、2月20日に予定していた第18期第3回臨時社員総会および第71回公開経営勉強会を中止とした。

 一方、遊技機の部材調達が困難になるなどの理由で、パチンコ・パチスロともに製造や納品スケジュールに影響が出ている。

 遊技業界では、依存防止対策の一環として行われた2018年の改正規則施行により、21年1月末までに旧基準の遊技機を新規則機へと入れ替えなければならない。今年に入り、パチンコ約160万台、パチスロ110~115万台の計約270万台の遊技機入替が必要であるなか、新型コロナウイルスが業界の市場シフトに与える影響が懸念される。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus