IT

富士通、新型コロナ研究文献を無償公開

 富士通は10日、子会社のジー・サーチが手掛ける科学技術や医学・薬学に関する国内外の文献や、研究者のデータ検索サービスについて、新型コロナウイルス感染症に関わる研究者に無償公開すると発表した。期間は10日から5月29日まで。対象は通常年間22万円からの料金で国内外の科学技術などの文献を探せる「JDreamIII検索サービス」と、528万円からの料金で研究者を検索できる「JDream Expert Finder」。データを管理する科学技術振興機構と協議し、研究者の支援を決めた。ジー・サーチの書類審査を経て、IDとパスワードを発行する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus