トップは語る

兆 幹部人材紹介で企業の成長サポート

 兆代表取締役・近藤保さんに聞く

 --企業の経営幹部や高い専門性を持った人材をスカウトするヘッドハンティング事業を展開する

 「企業の最終意思決定者から直接依頼を受けて動いている。転職情報サイトなどに登録されていない、現任で活躍されている人材をスカウトし、顧客企業につなぐ仕事だ。会社の成長をサポートして日本経済の発展を支えていきたいと考えている」

 --顧客にとって最適と考えられる人材を探し、説き伏せていく。事業を展開する上で重要なポイントは

 「私自身、ヘッドハンターの仕事を20年来続けているが、世の中にあふれるデータをいかに使うかが重要となっている。新聞に掲載される企業幹部の退任に関する記事もその一つだ。昔は情報をまとめる作業は半日、一日がかりだった。だが現在、当社では最新のデータが朝出社したときに既にまとまっている。名前や年齢、経歴などが自動的に一覧化されるシステムを独自に開発したからだ。このシステムを使えば、例えば『昨年までインドで責任者をしていたが、今年は責任者ではない人』を一発で探し出すことができる。自動化を進めて、できるだけ多くの人と会う時間を増やし、新しいことを考えたいと思っている」

 --後継者不在に悩む中小企業と、経営などの高いスキルを持った企業幹部をつなぐ新規事業を展開している

 「世の中には多くの中小企業の宝がある。一方で50、60代の企業の“猛者”には人生100年時代といわれる中で、今後の人生を『どう過ごそうか』と考える人たちが大勢いる。事業を引き継ぐのにふさわしい候補者を短時間で見つけることが当社の強みだ。事業承継で苦労される方々の思いをつなげて、ビジネスパーソンに夢を提供する手伝いができればという気持ちで、さらに成長させたい部門だ」

【プロフィル】近藤保

 こんどう・たもつ 名古屋工業大学大学院生産システム工学修了後、三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。2000年、経営幹部のヘッドハンティングに特化した業界大手の縄文アソシエイツに入社。11年、兆を設立し現職。愛知県出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus