金融

コロナ影響で生命保険料支払いを最長6カ月猶予猶予 生命保険協会

 生命保険協会は17日、加盟する日本生命保険など生保各社が、契約者の保険料支払いを最長6カ月猶予すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、顧客と会社側の双方で手続きが難しくなる可能性があることを考慮した。保険金請求で本人確認書類などを一部省略することも実施する。金融庁が13日、手続きの猶予を生命保険協会に要請していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus