クラウドWatch

ローカル5G活用、DX推進で協業

 ■コニカミノルタとNEC、機器や技術を融合

 コニカミノルタとNECは、画像IoT(モノのインターネット)/AI(人工知能)技術、働き方、ヘルスケア、ものづくり領域において、第5世代(5G)移動通信システムを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するために協業すると発表した。

 5Gの電波を携帯電話事業者以外にも免許を割り当てる「ローカル5G」が、国内でも2019年12月に総務省によって制度化された。企業や自治体がこれを活用することにより、安全で安定した超高速通信が可能な専用ネットワークを、ニーズに応じて柔軟に構築できるようになるため、DXの進展にも大きな影響があると期待されている。

 両社は、ローカル5Gを積極的に活用していくため、協業活動の第1弾として、コニカミノルタの開発拠点「Innovation Garden OSAKA Center」(大阪府高槻市、20年10月完工予定)において、NECが5Gネットワーク機器を提供し、ローカル5Gの検証環境を整備。コニカミノルタの持つ画像IoT/AI技術とオフィス機器、医療機器などと、NECの5G、AI技術などとの融合を図ることにより、産業光学システムや医療機器、オフィス機器の高付加価値化を図る。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus