サービス

給付型奨学金、20年度43人支援 社会福祉法人さぽうと21

 社会福祉法人さぽうと21(理事長・吹浦忠正氏)のpp奨学金委員会(委員長・深谷友尋氏)はこのたび、2020年度のpp奨学金給付生として43人を選定した旨、発表した。

 設立3年目となる今回は、前年度を上回る166人の学生から応募があり、厳正な書類選考と面接を経て43人の給付生を決定。内訳は、専門学校生1人、短期大学生1人、大学生23人、大学院生18人となっている。

 日本の大学に通う多くの学生が利用している奨学金の多くは貸与型であり、近年、その返済に苦しむ延納者、滞納者の窮状を伝える報道を目にすることが多くなった。

 「pp奨学金(=パチンコ・パチスロ奨学金)」は、この重要な社会課題の克服に微力ながらも寄与すべく、2017年に遊技業界有志が社会福祉法人さぽうと21とともに設立した返済を求めない独自の学生支援プログラム。協力ホールにおいて遊技客から募った玉・メダルを原資とする給付型奨学金で、協力ホールは集まった玉・メダルを貸玉料金で換算した金額をさぽうと21へ振り込み、その全額が奨学生に給付される仕組みとなっている。

 同奨学金は現在、経済的に困窮している向学心あふれた学生であれば、学校や学部、学科を問わず誰でも応募できる希少な学生支援プログラムとして、国公立大学を中心に全国の大学で認知されるようになった。

 pp奨学金では2017年度にパイロットケースとして8人を支援したことを皮切りに、18年度には22人を、19年度には36人を支援。そして今回は43人が奨学生に選ばれることになり、支援の輪は広がりを見せている。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus